安全靴は身を守る

安全靴を履いていた為に良かった事です。
自分自身がケガをせずに済んだ経験は数々あります。
仕事上から、履いて当然の職場はあります。
しかし、安全靴を履かずに、日々の職務に就く方を何人も見て来ました。
昔は安全靴と言うと、種類は少なくて、色も黒しかなくて、履いていると重く感じ、見るからに安全靴と解る程でした。
しかし、今の安全靴はかなり進化をしています。
昔から比べるとデザインもかなり変化して、計量でスニーカータイプは安全靴とは解らない程の見栄えですね。
かなりカジュアルで、おしゃれな安全靴も多く出回っています。
何度も足を怪我してもおかしくない状態の時、安全靴を履いていたおかげで助かった事がありました。
昔「像が踏んでも壊れない、筆箱」がテレビのコマーシャルで放送されていましたが、それと同様に安全靴を履いていて、大型トラックのタイヤに踏まれた事がありましたが、何ともありませんでした。正に、重量物に耐えられるのです。
逆に安全靴を履かずにケガをした方を何度も見て来ました。
「重量物の下敷きになり足の指を潰した現場や、可燃物で火傷をした」それは、悲惨な状況でした。現場には、危険予知をする事が非常に大切な事柄だと思います。
あらゆる面で身を守ってくれるアイテム商品です。