安全靴の基準

重労働を行う時や危険を伴う仕事をする場合に履く靴を一般的に「安全靴」や「安全スニーカー」と呼びますが、本当に安全と証明された靴のみが「安全靴」と呼べるという事をご存じでしたか?
安全と証明された靴、というのはJIS規格に合格した靴を指し、その靴の底にはJISマークが付けられており、JISが認定した工場で作られています。
靴屋やホームセンター、作業用品店などで安全靴、安全スニーカーとして販売しているものでも、本当に安全と呼べるものとは限らないのです。
では、JIS規格というのはどのような規格、基準なのでしょうか。
まず第一につま先の強度です。つま先をたたくとカンカンと音が鳴るほどつま先が固い素材で強化されています。これは重い物の落下や台車などの車輪に足をひかれた場合から足先を守ります。
第二に靴底の強度です。危険な場所を歩いたり、不意にくぎやガラスなどを踏んでも大丈夫なように作られています。
このようにJIS規格に合格した安全靴というのは大変強度が強く、安全と言えるのですが、それゆえ、足にとっては履きにくい、歩きづらい、という意見も聞かれます。つま先は固い素材でできているため圧迫感があり窮屈に感じるかもしれません。靴底も通常の靴より厚く作られているので違和感があるかもしれません。ですが、それは安全を第一に考えた仕様だからなのです。