長時間履いても疲れないアシックスの安全靴

アシックスは、スポーツシューズの開発のために足の健康や走りやすさなどを追求してきたメーカーです。
その技術を安全靴にも取り込むことで、余分なエネルギーロスを抑え、疲労を軽減するために必要な機能性を保持しながら、最大限の軽量化をはかる丈夫な安全靴も開発することができたのです。
アシックスの安全靴には、靴と足が上手く一体化した状態が保てることで、靴の中で摩擦が起きにくくなり、摩擦熱が発生せず蒸れにくいといった特徴もあります。
そして、靴底の滑りにくさと耐久性もかなりしっかりしているので、安心感が違います。
また、靴底に衝撃緩和剤αーGELが入ったタイプだと、足への負担を防いで疲れを軽減してくれます。
それから、足のアーチを維持して疲れを軽減する抗菌防カビの中敷きは、洗濯・乾燥ができる取り換え式になっているので便利です。
中敷きは、ソールを通して冷気による体温低下を防ぐクッション性に優れた防寒タイプも用意されています。
見た目が普通のスニーカーっぽい雰囲気なのも人気の理由ですが、なによりも一度アシックスの安全靴を履くと前に履いていたメーカーに戻れなくなる程、履き心地が良いのと、耐久性の良さが人気の理由です。踵の減りが遅いので、安い安全靴よりもずっと長持ちするという声も多く聞かれます。

スニーカータイプの安全靴はデザインも履き心地も抜群です

スニーカータイプの安全靴は靴が軽く通気性がいいのが特徴です。
素材の進化で軽くて通気性が良い布や素材を安全靴に使うようになりました。

暖かい季節になると気になるのが足の蒸れで水虫持ちにとっては辛い季節です。
そんな人には通気性が良いスニーカータイプの安全靴なら足に優しいです。
スポーツシューズに使われている素材を安全靴に使っているので通気性は抜群です。
快適な通気性で足の蒸れを軽減しながら仕事ができます。

インソールやアウトソールに衝撃吸収材が入った素材を使っています。
足の曲げ伸ばしや荷物を持った不自然な姿勢でも安定した足元になります。
靴の重さも軽いので多く歩く人も疲れにくい構造です。

靴の脱ぎ履きが多い人にはマジックテープで着脱できるタイプを選ぶと楽です。
紐タイプは急いで履くと靴紐が上手く結べなかったりします。
マジックテープはワンタッチで着脱できて靴下の厚さが変わっても調節が簡単です。

仕事場で履く安全靴もおしゃれでいたい人にも安全靴スニーカーはデザインが多いです。
スポーツシューズと比べても安全靴だとは気つかれない程おしゃれになっています。
デザインも選べるので自分の仕事に合った安全靴を選んで仕事の足元もおしゃれでいたいです。

履き心地最高!

アシックスのFIS41Lと言うタイプの安全靴(オレンジ)を使用してます。
購入してみようと思ったのは、紐ではなくマジックテープで脱ぎ履きが楽そうだった事、デザイン、明るい感じの色が気に入り普通の安全靴より値段は高いですが、毎日仕事で使用する物だし軽く履き心地のいい物を探していたので、アシックスと言うブランドにも惹かれ購入してみました。

実際に履いてみた感想は、軽い、一部メッシュになっている為涼しい!冬は少し寒く感じる程(仕事中は動いているので問題なし)
インソールも私には、そのままの物で合っているので、交換の必要もなしソールもソフトな感じで歩くのが、今まで購入してきたどの安全靴よりもとても楽です。
安いスニーカータイプの安全靴をいくつも使用した事ありますが、耐久性に問題があったり、履き心地と言う点で納得出来る物に出会わなかったりしましたが、一見安全靴には見えないデザイン、履き心地、軽量性、耐久性とどれも問題ありません。

さすがアシックス一流スポーツメーカーが作っている安全靴だなと作りの良さを実感しています。
難点があるとすれば、私の住んでいる所のショップでは売られてなくネットで購入するしか無い点だけです。
毎日履く物でずので、不満のある方は一度履いてみることをお薦めします。

風通しがいい軽くて丈夫な安全靴を買って快適で疲れない足になりました

足の風通しがいい軽くて丈夫な安全靴を探していました。
長時間仕事で履く安全靴は通気性がないと蒸れて衛生面が心配です。
インソールを外せる安全靴を探せば洗えて衛生的です。

安全靴に使われる布に通気性があると履くと違いを感じます。
蒸れないでつま先から踵に風が流れます。
履いている足も快適で臭いを気にせず客先で靴を脱げます。

工場内の長距離移動も軽い靴なら軽快に動けます。
移動が多い日でも足元が軽いので疲れ方が違います。
1日の終わりに違いを実感できます。

安い安全靴を履いている時がありました。
靴底のグリップが効かなくなったり踵が破れたりでした。
新しく靴を買うと履きたての靴は足に慣れるまで時間がかかります。
買ったばかりの靴を履くと靴擦れができて散々でした。

少し高くても良い安全靴は出ています。
丈夫で快適な靴を長く履いた方が経済的です。
デザインを気にする人も見た目はスニーカーと変わらない安全靴があります。

安く買いたい人はインターネットで売っています。
価格を比較したり送料込で買えたりするのでお得です。
早く受け取りたい人も短時間で発送してくれるお店があります。
店頭には無いデザインもネットではあったりするのでいいと思います。

暗いイメージから明るいイメージに、そして安全靴から安全スニーカーへ

安全靴と言えば黒くて頑丈に出来て靴底が厚くてしかも重く、その為に内部の空気の流れが悪くなり水虫の原因にもなったりします。その上に値段も高く、何処にでも売っていないのです。水洗いをしようと思っても乾くまでに数日も掛かり、目的を知らない人には厄介な靴の1つです。

しかし、本来の目的は履く本人の足や身体を守るだけではなく、その家族や所属する企業や社会を守る為に有ります。
そんな暗いイメージが何時までも残る安全靴にもスニーカータイプが発売されています。

それを安全スニーカーとかセーフティースニーカーと呼ばれています。そのどちらの名前も暗いイメージを払拭するかのように開発されたものです。これまでと同様に安全が第1です。建築現場で働く労働者や工場内作業を行う作業者の「足」を確実に守る為に開発され安全性はこれまで以上に確保されています。
更にデザインも工夫し、ファッショナブルで、履き心地、歩き易さ、しかも足の発汗による蒸れを防ぐ為にメッシュ素材を使用したタイプも有ります。その上に柔らかな質感や軽量な設計である為に足の負担も掛け難くなっています。また躓きの軽減の工夫や往来間の移動や通勤時にも履き易いカジュアルなデザインの為に見た目は普通のスニーカーと同様に変わりなく履けます。

安全靴は身を守る

安全靴を履いていた為に良かった事です。
自分自身がケガをせずに済んだ経験は数々あります。
仕事上から、履いて当然の職場はあります。
しかし、安全靴を履かずに、日々の職務に就く方を何人も見て来ました。
昔は安全靴と言うと、種類は少なくて、色も黒しかなくて、履いていると重く感じ、見るからに安全靴と解る程でした。
しかし、今の安全靴はかなり進化をしています。
昔から比べるとデザインもかなり変化して、計量でスニーカータイプは安全靴とは解らない程の見栄えですね。
かなりカジュアルで、おしゃれな安全靴も多く出回っています。
何度も足を怪我してもおかしくない状態の時、安全靴を履いていたおかげで助かった事がありました。
昔「像が踏んでも壊れない、筆箱」がテレビのコマーシャルで放送されていましたが、それと同様に安全靴を履いていて、大型トラックのタイヤに踏まれた事がありましたが、何ともありませんでした。正に、重量物に耐えられるのです。
逆に安全靴を履かずにケガをした方を何度も見て来ました。
「重量物の下敷きになり足の指を潰した現場や、可燃物で火傷をした」それは、悲惨な状況でした。現場には、危険予知をする事が非常に大切な事柄だと思います。
あらゆる面で身を守ってくれるアイテム商品です。

安全靴の基準

重労働を行う時や危険を伴う仕事をする場合に履く靴を一般的に「安全靴」や「安全スニーカー」と呼びますが、本当に安全と証明された靴のみが「安全靴」と呼べるという事をご存じでしたか?
安全と証明された靴、というのはJIS規格に合格した靴を指し、その靴の底にはJISマークが付けられており、JISが認定した工場で作られています。
靴屋やホームセンター、作業用品店などで安全靴、安全スニーカーとして販売しているものでも、本当に安全と呼べるものとは限らないのです。
では、JIS規格というのはどのような規格、基準なのでしょうか。
まず第一につま先の強度です。つま先をたたくとカンカンと音が鳴るほどつま先が固い素材で強化されています。これは重い物の落下や台車などの車輪に足をひかれた場合から足先を守ります。
第二に靴底の強度です。危険な場所を歩いたり、不意にくぎやガラスなどを踏んでも大丈夫なように作られています。
このようにJIS規格に合格した安全靴というのは大変強度が強く、安全と言えるのですが、それゆえ、足にとっては履きにくい、歩きづらい、という意見も聞かれます。つま先は固い素材でできているため圧迫感があり窮屈に感じるかもしれません。靴底も通常の靴より厚く作られているので違和感があるかもしれません。ですが、それは安全を第一に考えた仕様だからなのです。

サンダンスの安全靴はサイズが小さい人もデザインや色を選べます

安全靴はデザインがカッコ悪いから履いていない人、損してます。
サンダルの安全靴なら軽くて滑りにくく仕事がはかどります。

今はデザインがスニーカーと変わらない安全靴があります。
安全靴は滑らなくて軽いから履いてみると働きやすいです。

安全靴にデザイン性を求めるならサンダンスの安全靴です。
スニーカータイプからハイカットまで種類があります。

靴の脱ぎ履きがある人もデザインを選べます。
靴紐タイプからマジックテープで着脱ができるものまであります。
サンダンスの安全靴なら23センチから安全靴があります。
足のサイズが小さい人もデザインや色が選べます。

スニーカーで仕事をしている人も安全靴を履いてみると違いがわかると思います。
靴底が滑りにくくなっていたり、つま先が強化されているからです。
油で滑りやすい地面も足元が安定して動けます。
つま先に重い荷物が落ちても直接足に当たらないので安全です。

サンダルの安全靴はネット購入なら3千円くらいから買うことができます。
カラーバリエーションも豊富なので色も選べます。
人とかぶることが少ない安全靴のメーカーだと思います。

実際に安全靴を履いて仕事をすると足の疲れが軽減します。
靴はどれも同じ思っている人にも試してもらいたいです。

安全スニーカー買い替えのタイミング

安全スニーカー買い替えのタイミング

 

安全スニーカーは、その使用頻度や業務の内容、または受けた衝撃などによって買い替えのタイミングが異なってきます。そのため、購入してから何年以内に買い替えるなどと一概にいうことはできません。しかし、安全靴の状態を確認して交換の時期を決めることができます。

 

例えば、表底がはがれてしまったり損傷が激しくなっている安全スニーカーは買い替えるべきです。同様に、模様がなくなってしまうほど使い込んでいる安全スニーカーも、交換するべきだと思います。滑り止めの効果がなくなっていると使用していても危ないですので、その時期をご自身で見極めましょう。

 

それから、はとめなどが脱落して修理ができないようなものや、腰革が折れ曲がっていたりつぶれてしまっているようなものも交換すべきです。さらに、大きな衝撃を受けているような安全スニーカーも、すぐに壊れてしまう可能性があるため、念のため買い替えるべきでしょう。

 

見た目は大丈夫だったとしても、ひび割れや変形などが生じている可能性もあるため、交換したほうがよいと思います。ご自身の身を守るためでもありますので、買い替え時期を間違えないようにしましょう。

ハイカットの安全スニーカー

ハイカットの安全スニーカー

 

安全靴といえば、作業で利用する靴を思い浮かべる方も多いのではないでしょうか?そのため、あまり種類がないと思われる方も少なくありません。しかし、最近は実に様々な色やデザイン、形の安全スニーカーが販売されています。その中でもお洒落で人気が高まっているのが、ハイカットタイプの安全スニーカーになります。

 

ハイカットですので見た目がお洒落ですし、冬場などには寒さ対策としても利用することができます。また、夏用に風通しの良い通気性に優れたハイカットスニーカーも売られていますので、興味のある方は一度見てみるとよいでしょう。また、紐タイプだけではなくマジックテープで気軽に着用できるタイプもあるためおすすめです。

 

ハイカットの安全スニーカーも、通常の安全スニーカーと同じように、履き心地も考えて選ぶようにしましょう。ハイカットの分履いた感じが若干異なりますので、お洒落ですが苦手だという方もいらっしゃいます。

 

購入してしまってからやっぱりあんまり好きになれない、ということになってしまうともったいないですので、確かめてから買うようにしましょう。なお、日常生活でもハイカットのスニーカーを履いていらっしゃる方であれば、全く問題なく利用できると思います。